新橋から虎ノ門のあいだ、外堀通りから一本裏に
入っところに、 二本の柳と、黒塀が目印のしまだ鮨
があります。
 独特な手書き文字の看板は、装幀で有名な画家、
佐野繁次郎(1900〜1987)によるものですが、看板だけ
ではなく、建物・内装も佐野繁次郎が設計したもの
で、風格と雰囲気のある数寄屋造りの一軒家でござ
います。

                      

 平成十六年九月より、博多の鮨割烹『やま中』で
修行を積んだ山中強司が新しい主人として、しまだ
鮨を仕切っております。
 創業以来の長い歴史と、新しい感性をもって、常
連の方も初見の方も、くつろいで楽しんでいただけ
るお店でありたいと思っております。
 好みやわがままを存分に言える、隠れ家的な店と
して、今後ともご愛願よろしくお願いいたします。

  
お店のご案内

こだわり
おしながき
おみやげ
交通のご案内

                                      





 価格改定のお知らせ

お客様各位

平素より格別の御引き立てを賜りありがとうございます。
平成27年4月より価格改定となりましたお知らせとともに
皆様のご理解と今後も引き続きのご愛顧の程を心よりお願い申し上げます。

※ランチ価格
(2000円 2500円廃止)
4月より   3000円
      4000円
      5000円
     (5000円以上はご予算に応じて賜ります)

昼、夜ともに個室使用料として
小計合計金額の10%を頂戴致します。

※夜のお料理の価格は今まで通り変更はございません。